開成町瀬戸屋敷ひなまつりTOPページへ あしがり郷「瀬戸屋敷」とひなまつりの歴史 イベント情報 フォトライブラリー お土産/お食事 近隣情報 交通アクセス 瀬戸屋敷ひなまつり Q&A

  タブを押すと、違う場所のフォトアルバムが見れますよ!     各画像クリックすると拡大されます。 
  主屋(つるし雛)   主屋(瀬戸家の雛飾り)   土 蔵   雪の瀬戸屋敷
江戸時代に流行した面長の衣裳着雛。寛永雛から発達したとされるもので、面長な顔に切れ長な目、能面に似た静かな表情をしているのが特長。衣裳は装飾性に冨み、町雛として愛用された。
拡大した画像の右側を
クリックすると、次の画像が
表示されます
 
瀬戸家は代々金井島村の名主職を務めてきた家柄で、江戸時代から瀬戸家に伝えられてきた雛人形や、ご当主の奥様のお姉様の雛人形等で、いつしか、そろえて飾る風習になったようで、何組もの雛人形が一緒に飾られます。
特に大久保氏(小田原藩主)の紋の入った道具類は貴重なもので、瀬戸家のご先祖が輿入れの時に持参したものといわれています。
大久保氏の紋の入った道具類  ・書見台(伊勢物語が書かれています。)・貝合わせ  ・手あぶり ・碁盤 ・将棋盤 ・膳部 ・茶道具
  拡大した画像の右側を
クリックすると、次の画像が
表示されます
 

※案内図内でクリックすると、フォトライブラリーに移動します。
   

 

瀬戸屋敷

ひなまつり
パンフレット

詳細はこちらから

ダウンロード


 

※ひなまつりの画像
 お問い合わせ
あしがり郷「瀬戸屋敷」
0465-84-0050
 開成町の場所は、どの辺り?
キラッとかがやく町 開成町
 
 
  ▲top